払う税金が少なくなる

男女

広島の不動産を有効活用するには具体的にどんな方法があるのか、しっかりと調査してから取り組むことで成果をあげることができます。広島の不動産を活用するにもその目的に応じた方法を選ぶことが大切で、安定的に活用したい方におすすめなのがまず賃貸アパートやマンションの経営です。不動産を活用するときにかかる税金には、固定資産税や都市計画税や相続税、不動産所得に伴う所得税などがありますが賃貸住宅や高齢者施設などの人が居住している建物が建つ不動産には、税制上の優遇措置を受けることができるのです。この点は駐車場や更地のような住居のない土地にはまったく優遇措置がないのに比べて、非常に有利であり払う税金もまったく違ってくるのです。

業者に任せる方法と自分で管理する方法

部屋

賃貸住宅経営は自分が広島に持っている不動産にアパートやマンションを建てて、居住者を募り貸すことで賃貸料金をもらうビジネスです。そして賃貸住宅経営の方法には、まず一括借上方式があり不動産会社が一括して借り上げ、管理や経営ななど任せるので面倒なことは自分でやらなくてすみ空き室の心配もいらなくなります。しかし家賃は8割から9割になります。次に管理委託方式とは入居者の募集から集金やクレーム処理や滞納の督促など入居者との交渉や話し合いなど全部委託する方式で手間がかからず助かりますが、管理費も発生し空き室になることもあります。それから入居者の募集だけ不動産会社に依頼しますが、クレーム処理や集金や滞納や清掃など全部自分でやる自己管理方式です。自己管理方式はやや面倒ですが管理費や手数料などは要らないので、家賃が全額収入になるメリットは大きいです。賃貸住宅経営は相続税対策になり比較的手軽に行うことができます。

収益が安定する

通話する女性

広島のアパートマンション経営は最初に投資額がかかりますが、固定資産税や都市計画税や相続時の相続税が安くなるので節税効果が高く景気の影響を受けにくく、長く住んでもらえるので収益が安定することです。それに法律の規制が少なく工業専用地域以外の大方の地域で建てることができるのは大きなメリットです。そして自分の不動産でアパートやマンション経営を始めるには、まず法律上建築可能かどうか調べることです。次に周辺地域で賃貸住宅の需要があるかどうか実際に歩いてみて確認するといいです。また周囲の不動産屋を訪問したり電話をかけたりしてみて情報収集することも大切です。さらにインターネットを使って周囲の賃貸住宅が空き室が多くないか、どのような状況か検索するのもいいです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中